光インターネット性能は?

光インターネットの通信速度は優れた性能を有し、その恩恵を受けてブロードバンドの普及率に拍車を掛けていますが、ユーザーの中には光インターネットの通信速度が上がらないとして悩んでいる人も少なくありません。
通信速度を上げるためには、現在利用している光インターネットの実際の通信速度を正確に測定することが重要で、その問題解決のアシスタントとして役に立つ通信速度測定システムと呼ばれる専用サイトが登場して多くのユーザーがそれを利用しています。
このシステムは、BNRスピードテストやネット速度計、インターネットスピードメーターなどとも呼ばれていますが、どのサイトもその測定方法に大差がなく、詳細な測定条件を設定する必要がないことから、だれでも簡単に光インターネットの通信速度を測定することができる点に高い人気を博しています。
通信速度測定システムは測定可能な速度帯が広いため、10Kbps程度のナローバンドから500Mbpsに及ぶブロードバンドの測定能力をカバーすることができ、キャッシングや先読みなどが起因する測定誤差を出さずに、下りや上りの実行スピードを正確に測定することができます。

また、現存の通信速度測定方法の比較においては、その速度の判定方法にJavaScriptやFlash、Appletなどが採用されていますが、測定精度に関しては注意深くシステムを構築すればAppletが一番適しており、その反面、JavaScriptでは高い精度を期待することができないのです。
この問題は、測定データをどの程度まで測定に特化しながら効率よく測定できるかと言う点にあり、上り方向の測定ではAppletによるシステムの特徴を充分に活かしているのです。
しかしながら、この種のシステム構築においては一般にFlashによるものが多くなっており、作りやすさと測定精度のバランスが影響しています。
さらに、FlashはAppletよりもセキュリティー面での制約が少ないため、設置に関する柔軟性が高くなっていますが、キャシュやバッファーの影響の受けやすさ、クライアントの処理に負担をかける量などに関してもAppletが最も優れており、光インターネットの通信速度測定においては、クライアントの処理能力を高めながら通信速度を測定することが要求されるのです。