エスタオンライン申請はパスポートとクレジットカードが必要です

あなたはアメリカへ旅行に出かけたことがありますか。
それはいつのことだったでしょうか。
2009年以前であれば、通称エスタ、正式名電子渡航認証システムの申請は必要ありませんでしたね。
現在はエスタの申請がなければ、アメリカへの渡航ができません。
対象となる人はビザを取得せずにアメリカに行く人です。
日本人の場合はほとんどの人がエスタの対象となるでしょう。
エスタの申請はインターネットによるオンライン申請です。
申請をする時にはパスポートと、インターネット環境が必要です。
また、手数料を支払う必要がありますから、クレジットカードを持っていなければなりません。
米国大使館のエスタ申請のための公式サイトにアクセスすればよいのです。
世界中の人が申請しますから、各国語で説明を読むことができます。
インターネットでエスタを検索すると、申請代行をする代わりに手数料を取る業者がたくさん出てきます。
これらのサイトで代行してもらう必要はありませんから、うっかりして申し込まないようにしましょう。
アメリカ旅行に行こうとする時にはどこに行くかばかりに気を取られてしまって、手続きのことを忘れている人もいます。
エスタの申請は渡航の72時間前までに行わなければなりません。
忘れていると楽しい旅行に出かけられなくなりますから注意が必要です。
クレジットカード現金化は口コミ・アフィリエイトの紹介も犯罪