看護師の資格には種類がある?

一口に、看護師の資格と言っても、その免許には、看護師と准看護師の二種類があるのです。
一般的に、准看護師資格を持つ人は、キャリアを磨く為に、看護師の資格を取得することを目標にします。
准の字が付くか付かないかで、専門知識だけでなく、待遇の違いも大きいです。
看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。
それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。
どう思いますか?その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。
他方、専門学校に関しては、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。
さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
看護師の初任給は低いと思います。
事実、入院して看護師の仕事ぶりをみていると、重篤なクランケが入院していないのならば、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その作業だけでも結構大変です。
多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、さらに大忙しになってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。
向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、スキルをアップさせるには、それ相応のノウハウがあります。
これまでの就業場所からもっと違う病院や医療施設などに転職というするのもその手段の1つです。
それだけでなく、最新の技術とかもっと幅広い知識を身につけるためにも様々にある看護に関連の資格合格を目指すのもステップアップできるでしょう。
よく看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
病院勤務で、二交代制だった場合、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。
労働時間が長いということも看護師という仕事が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。